スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝の子供の玩具箱

本当に子供のおもちゃ箱みたい。何の関連性も無いけれど、それぞれがキラキラ輝いて見える大事なもの達が詰まっている、そんな本でした。

「ぼくの神さま」はストーリーはシビアなのにファンタジーのような雰囲気を持っています。プロローグのような物語でもあり、主人公のその後をずっと想像してしまいます。
「がんじっこ」は泣いてしまう程切なく、「孫の恋愛」は昔話のようなジブリのような、優しくて深い物語。この2編は力強さも感じさせます。あさの氏の描くお婆ちゃんもホント素敵で大好きです



 「朝の子供の玩具箱」 あさのあつこ


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。