スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は舞踏会

「馬車が買いたい」があまりに男性目線だったと反省した(?)著者が、今度は女性目線で19世紀パリの生活、文化を紹介してくれています。やはりモデルになるのはバルザックの小説の主人公。パリで勝ち組になるには、レディーだってダンディーに負けず劣らず大変です。

まず夫婦親子関係の概念が現在とは全く違いますから、良家に生まれてもそのままその階級に見合う贅沢を享受できるとは限りません。運良く社交界にデビューできたとしても、そこからが本当の戦いです。
それこそまぁ寝る間も無い程健康を害す程大変なのですけど、労働をしない階級の人達の苦労ときたら、非生産的で社会的に無益で・・・ちょっと笑っちゃいます。

でもね、わたしも舞踏会に憧れる少女の1人でしたから、修道院の制服を脱ぎ捨てコルセットを身に着け、ドレスから小物まで誂えていく様子はとても味深かったです。なによりも当時のモード雑誌のファッションプレートが32ページもカラー挿絵で付いており、本当に楽しめる一冊でした



 「明日は舞踏会」 鹿島茂


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。