スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

60年代、チェコスロバキアはプラハのソビエト学校に5年間在学していた著者。学友との当時の思い出と、80年代後期から始まったソ連崩壊、東欧革命、民族紛争を経て再会した様子を記したエッセイです。

日本の学校とは全く異なった思想教育を受けるであろう東欧の子供達が、どんな感受性を育て得るのか興味がありました。でもそれは呆気ない位普通であることが、ありのままを素直に受け止める少女の目線、そして冷静で誠実な大人の目線で書かれた文章に現れていました。

でもだからこそ、日本の小中学校では考える機会さえそう無いのであろう政治的社会問題に、実際直面し乗り越えていく彼女たちの姿はかなり印象的でした



 「嘘つきアーニャの真っ赤な真実」 米原万里

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。