スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Norwegian wood

全く興味が無かったのに、テレビの宣伝番組とかを見ていたら何故か急にすごく見たくなった映画です。

予備知識は、題名はビートルズの歌、でもこれは意訳というか違訳で、本当は森ではなくノルウェイ産の木というか、ノルウェイ産の木で出来た家具ということらしいということくらい。

雰囲気のある綺麗な映画でした。ウエストラインが高い位置でみんな in していてもファッショナブルに見えました。時々途切れたり挿入されたりする場面場面も情緒的でした。そしてセリフが良かったです。不思議と殆どの人物に共感できる部分がありました。好きか嫌いかは別としてですが。

友人とその彼女と主人公。寮の先輩とその彼女と主人公。主人公と友人の彼女と大学の同級生。主人公と友人の彼女とその同室者。

3人単位が多いこの映画は、3人を不自然の象徴にしているように見えました。

3人だと真意が解り難くなる気がします。より仲の良い2人に、嫉妬という程ではなくても多少の疎外感を持つだろう1人。仲良しの内の片割れが居なくなると、愛情なのか以前の疎外感を穴埋めする為なのか判断のつかないまま必要以上に残った1人に執着してしまいそうな気がします。

友人の彼女は、ずっと友人を追いかけて行きたかったんだろうなぁ。でもなかなか出来なかった。恐怖心からか、ただ単に思い切りが付かなかったのか。でも追いかけて行けないなら、その理由を作らなくてはならなかった。でも生きる理由なんてなかなか見つけられるものじゃないよね。その答えを主人公に求めたのか、利用したのか・・・でも、結局自分の中での辻褄合わせは上手く行かなかったんだね、きっと。最後は友人を追いかけていけた彼女に、悲しさより納得を感じました。

同級生の娘は強がり。こういう自分でありたいという強い願望があって、その通りに行動する。それが楽とか大変とかは関係なくて、理想どおりでない自分は唯ありえないという感じ。ということは、ホントは現実逃避型なのかも。こういう娘の方が実際は弱いのかも。誰かの助けを必要としているのかも。自分に、なりたい自分を投影してくれる誰か。だから主人公を本当に必要としているのはこの娘の方だという気がしました。

でもエンディングを見て、ハッピーエンドなのかどうか一瞬悩んじゃいました。同級生の娘の視線が第三者を見ている気がしたから。でもその3人目は現れなかったから、とりあえずはまるく収まったんだよね。

なんかね、雨のシーンが多くて印象的だったので、最初は「雨の庭」という題名で書き始められたとを知り、すごく納得しちゃいました。こちらの方が合う気がするなぁ。


スポンサーサイト

KAGEROU

まろさんがお借りしている本を、電車の中でちょっと読ませて戴きました。

うん、面白かったです。
若くてカッコイイ俳優さんが小説家に転身しての第一作っていうと、勝手な想像ですが純文学という名のフワッとした抽象的な恋愛物かと思っていたのです。そのイメージはイイ意味で裏切られたって感じです。

テーマも小道具も面白かったし、良く考えられてると思いました。
ただ展開が速くて、想像の思考が浮遊する間もなく先へ急かされる感があったかな。なんとなく文章がショートショートの雰囲気を持っているというか。もっと情緒的なところは余韻を持たせてもイイんじゃないかな。でもそう感じてしまったのは、わたしが急いで流し読みをしたせいかもしれないなぁ。

あとからじっくり考えるといろいろ疑問や荒い部分も見えてきてしまうのですが、既に映像化が決定していると聞き、あぁそれが合っているって思いました。蝋燭の明かりの中で機械仕掛けのおじさんのゼンマイを巻く少女。うん、見てみたいです。

読み終わったとき隣にまろさんが居てくれたから、よく解らなかったところを聞けて良かったです。映像化プランも話せたし。
主人公は本木●弘、少女は福田麻●子なんてどうかしら。
・・・渡●篤郎と川●海荷もありかな



 「KAGEROU」 齋藤智裕


プチパーティー

        プチパーティー1

夕べは友人宅でクリパ。手土産は院長お勧め「ロジャーグラート」のロゼ。酒飲みの好みを知り尽くしているぐぅ~さんの手料理が美味しかったぁv

プチパーティー
    プチパーティー2
        プチパーティー3
            プチパーティー4
                プチパーティー5

友人宅に出向く直前に年賀状を書いていたのですが、住所を調べる為に以前戴いた年賀状を見ていました。その時見かけたのは、ちょうど10年前の可愛い七五三の男の子の写真。そして伺った友人宅で見たのはその10年後のたくましい後姿の息子くん。相変わらず細っこいのに、いつのまにかこんなにしっかりした肩幅に成長していたのねぇ。感慨深かったです。


クリスマス☆イヴイヴ

                 

今日は家族サービスディ。実家に帰って、お墓参りして、お寿司食べて、ケーキ食べて、プレゼント交換してきました

  
 ↑ケーキの成れの果て

現在うちのテレビチャンネル選択主導権は母にあります。今日は目一杯マミーにゴマ擂りすりして大晦日の7時半からは日本放送協会に決定させて戴きました。これで裏の懐メロ番組を心配せずに帰ってこれます。お節も予約したし(←作れよってツッコまないで )、これで年末年始は万全!かな


ブルーブラック

万年筆に興味を持って初めて知ったこと、元来万年筆のインクってカートリッジでは無いのですって。なんと!インク壺にペン先を入れて吸い上げるのです。そんな不便で手間のかかるレトロな方法が今もスタンダードだなんて、なんて魅力的なんでしょう。絶対惹かれます。

考えてみると万年筆って科学的な文房具です。
ペン軸の中のインクがペン先に丁度良く供給されるのは毛細管現象のおかげです。それが潤滑にいくよう、インクには界面活性剤が混じっていて表面張力を弱めています。
また、万年筆のインクはほとんどが染料系なので、水に濡れると滲んでしまいます。その対策で作られたのがブルーブラック。書いたばかりの時は青いのですが、だんだん黒っぽく変化するインクです。これはインクの鉄系成分が酸化するかららしいのですが、この化学反応のおかげで滲み難く色褪せ難くいインクとなるのです。

このブルーブラック、ブランドによって結構違う色味をしています。雑誌の色見本を見比べて、1番惹かれたのは"モンブラン"でした。この青とも黒ともいえない絶妙な色合いが堪らなく好みです。
ということでカートリッジインクの無くなったぺリカーノジュニアに入れる次のインクはこれに決定。

             

まずは前のインクをしっかり洗い流します。
ぺリカーノジュニアにコンバーターを付ける事はメーカー非推奨です。自己責任で嵌めてみると、ぜんぜん不安定ではなくピッタリはまりました。

             

インクを吸入してみても、全く漏れも無く大丈夫そう。
書いてみると・・・

             
             上からモンブラン ブルーブラック
                 ペリカン ブルー(カートリッジ)
                 モンブラン(?) ブラック(カートリッジ)
                 パイロット 霧雨

うん、イイ色です(↑ 解りづらい ?)。落ち着いているのに、面白みのある色。深いのに重過ぎない色。
また字を書くのが楽しくなりそうです


百万の手

先日千早さんが帰った後に、ポツンと取り残されていた本です。忘れたの?置いていってくれたの?

畠中さんの現代物を初めて読みました。
最初は何だかどんより重い感じがしてどうかなぁって思ったのですが、やっぱり面白かったです。前半は夏樹と正哉の、後半は夏樹と東のコンビ感が良かったです。

でもね、なんかちょっと、お話し広げすぎて盛り込みすぎた割りに投げっぱなしになっている感があって、収まりがイマイチかなぁ。
正哉一家って何で殺されたんだっけ?彼も妹もクローンとは関係無いんだよねぇ???
妹は引っ越したら物語から全く消えてしまったし。
でも、東のキャラ的魅力と存在感でカバーしているかな。

・・・つまりは続編が待たれる物語って感じです



 「百万の手」 畠中恵


あって無いようなもの

・・・それは電気屋さんの値札に書かれている値段です。

マミーのラジカセが壊れたそうです。姉が居ない時に姉のオーディオで聴いていると聞き、クリスマスプレゼントを決めました。世代的にマミーのコレクションは殆どカセットテープです。でも今時、カセット付きのラジカセってそっけない色かたちの物ばかりでどうにも好きになれません。それでも1機種、ちょっとレトロっぽい雰囲気がイイ感じの物を見つけました。ボタンの説明も全部日本語の大きめ文字で書いてあり使い勝手も良さそう。ただ他の機種より少し割高なので悩んでいたら、姉から折半の申し出があり購入の運びとなりました。

近所の電気屋さんで、特に何も考えずにこれ下さいと言ったら在庫が無く一週間待ちだったのでとりあえず帰宅。どうしようかと Amazon を覗いて見たら、勿論あったのですが・・・安い!店頭価格¥19800 が Amazon だと¥15890 だったんです。でも2?3日後の発送だったので、意を決して電気屋さん店頭で値切ってみることにしました。

バイトの帰り道に駅前の大きな電気屋さんに寄ると、在庫は無事ありました。表示値段は先のお店といっしょです。そこで
 「これってもっと安くなるんですか?」
と聞いてみると、ポイントならサービスできますの一点張り。値引きだと?¥1000 が一杯だけど、ポイントなら¥2500 分付けられるとの事。ならばと
 「Amazon だと¥15800 だったけど2?3日後の配送だったから電気屋さんに来て見たんだけど、こんなに値段って違うものなんだ」
と言ってみると、何やら電卓とにらめっこして悩み出し、ちょっと待っていて下さいとどこかへ行ってしまいました。これって成功 とウキウキ待っていたら、戻ってきたお兄さん曰く、流石に¥15800 までは無理ですが¥16800 で如何でしょうと。考えてみれば Amazon だと送料がかかるから、ほとんど同じくらいに値引きして貰えました

普段はいろんな事考えずに買い物しちゃうし、面倒だからと気にしないことも多いのですが・・・最初のお店で在庫があったら¥3000 余計に払っちゃってたのねぇと思うと複雑な気分。電気屋さんでの買い物って・・・大変なのね


          For Mamy From C & L


Ledger

トラベラーズノートですが、もう1冊のレフィルは結局 "日記"にしちゃいました。1日1ページです  でも、2ヶ月分で1冊となっているので厚ぼったくはなりません。方向としてはやはり出納簿メインのノートとなる予定ですが、無地リフィルがあるから写真を貼ったりお絵かきしたりと遊びにも対応OKです。

           日記とポケットをゴムでまとめてからカバーにセット
            ↓
           その間に無地リフィルを入れ
            ↓
           閉じたらこんな感じです

装飾は勾玉パワーストーンも捨て難かったのですが、やっぱり経費削減も考えなくちゃね。少しくらいは自制心を働かせようと、ストックのボタンの中からチャームになりそうな物を選りすぐってみました。

             
          マザーオブパールっぽいボタン     パールっぽいボタン

合わせてみたら意外な程、とても自分好みの雰囲気になりました。

          

全てセットしたら、わたしの来年の手帳「Ledger ノート」が出来上がりました


心変わり

                  

とうとう買ってしまいました。この一ヶ月、ず?っとネットで眺めていた「トラベラーズノート」です。
ほ●日手帳があるじゃないかって言い聞かせ自制心を煽っても、気持ちは向こうに傾いたまま。
小さいわりに厚みがあるからバッグの膨らみが偏っちゃうんだよな・・・とか、仕事に使っている訳でもなし一日一頁はいらないかなぁ、イベントもそうそう毎日なんてないし・・・とか、気持ちはだんだん今の手帳にネガティブになってしまいます。

そして今日、インクを買いに行った文具店で実物を手にしてしまい、ビジュアル的にやられちゃいました。
思ったより大きくて、一見無骨なカバー。でも色合いや手触りがとんでもなく良いんです。存在感があるのに偉そ?で無いところもイイ。そこには、既に自分カスタムを考えているわたしが居ました。

ということでお持ち帰り。クラフト紙の包装を開くと、中にはガーゼの袋に入ったカバーとリフィルが一冊。

           → 

カバーは茶色の1枚革。数箇所に穴が開けられゴムが通してあります。そこにリフィルをセットしたら準備完了。リフィルは今のところ、付属の無地一冊で何にでも使えそうなやつです。

          

追加で購入したのはビニル製のジッパーケース&ポケットと名刺入れ。こちらにほ●日で定番化した鋏や両面テープ等細々したものを収納する予定。
あとはもう一冊リフィルをセットしようと思っているのですが、どれにするか決めかねています。月間ダイアリーは必要そうでいて無くても困らないし、日記にしたら又また一日一ページで本末転倒? でも、来年からは出納簿をつけようかと思っているので、レシート貼る方式にするならこれが一番かなぁ。

あとはしおりの先っぽに何か付けたいなぁ。小さい勾玉なんてイイかも。それを見てみて、カバーを留めるゴムにも装飾を付けるか決めましょ


2枚出すなら・・・

年明けに「君僕コン」のDVDが出るようです。わざわざ【stadium】と付いているということは、後日【dome】も出るということなのでしょうか。
今回のツアーはドームが特に良かったので、大きなところでやったっていう事にこだわらずドームの方をフルでDVDにして欲しいと思っていました。まぁ【dome】が出るのでしたら【stadium】も出していただいて、全くもって構わないのですが・・・

・・・・・年2枚OKなんだぁ。だったらあの年、「ドリアラコン」も出して欲しかったなぁ・・・・・



             


おまけ

計らずも3本目の万年筆となったのは、ペン習字の教材におまけとして付いてきた↓これです。

        

「クリスタル万年筆OPERA」という代物ですが、絶対にレシーフでもビスコンティでもありません。黒のカートリッジインクが付いてきたので早速使ってみました。

        

ペン先はスチールの細字、アルスターの EF より少し細いくらいです。主軸は細めでちょっと持ちにくい感じ。インクは曇り無い真っ黒で面白みには欠けるかな。書き味は、細字なのでペン先が気持ちよく滑るという感じではありませんが、インクフローが良いので書き難くも無いです。

        

向かって左からおまけペン、アルスター、ぺリカーノジュニアです。ペン先の形状はアルスターやぺリカーノジュニアより格好良い感じかな


バジリスクの魔法の歌

プロローグのイメージがなかなか頭の中で映像にならなかったもので、読み始めは3ページに暫く囚われてしまいましたが、そこを過ぎたらあっという間でした。
マキリップにしては血なまぐさく残酷な始まりだったことも、躊躇した原因だったのかもしれません。

地位を追われた支配階級の息子、復讐、吟遊詩人、宮廷音楽家、太古の魔法と大好きなファンタジー要素満載の物語でした。その中でややテンション低めの主人公が(そしてルナが)、ゆっくりゆっくり、でも着実に目的に向かって歩んでいく。敵討ちの物語というより、どちらかというと謎解きのような雰囲気の物語でした。

主要人物がたくさん居ても、それぞれの人となりや想いがしっかり描かれているので、名前を覚えることが苦手なわたしでもマキリップは読みやすいです。ただ、奥さんのことだけは良く掴めませんでした。彼女はもう、過去の人なのでしょうか。息子にとっても。
思い返してみても、ヒロインとして浮かぶのはルナです。

ルナの策謀は途中から推測できたのですが、それでも次女の本性は別にあるのではと期待していたのですが・・・最後までホントのお馬鹿さんで残念でした。

夏に読んだのにそのままにしちゃってました。今更推敲する気にもなれないのでそのまま載せちゃいます



 「バジリスクの魔法の歌」 パトリシア・A・マキリップ



3日でわかる世界史

3日では無理でした。ちまちま読んでいたら3ヶ月かかっちゃった
時々世界史とか日本史系の本を見たくなります。そして毎回新鮮な気持ちで読めます・・・殆ど覚えないからね。
それにしても世界史本ってどの本読んでもユーラシア大陸+エジプト史なんだよねぇ。それがなんか納得いかないのだけれど・・・

春?夏に読んだのにそのままにしちゃってました。今更推敲する気にもなれないのでそのまま載せちゃいます



 「3日でわかる世界史」 櫻井清彦(監修)


ナイチンゲール 神話と真実

絶版のようなので、図書館から借りてきました。
美化された神話ではないナイチンゲールの本が読みたかったので、この本を選びました。この本には原書には無い日本人看護婦の前説がまず載っていて、ウザいです。何のためにこの前説を付けたのか、出版社の意図を図りかねます。

今迄持っていた彼女のイメージはというと、子供の頃に読んで貰った絵本で"裕福な家庭で育ち戦地で負傷兵の看護に従事した人"と描かれていたのを何となく覚えており、今となっては"生活の心配があるわけでもないヴィクトリアンの(行き後れた)お嬢様の慈(偽?)善的行為の一つ"という感じでした。そのイメージは確かに変わりました。

良家のプライドと高度な教育、そして父親の叶わなかった名声欲を受け継ぎ、やはり良家であるが故のコネクションと資金をフルに活用してわが道を進んだ人。
これが、彼女に対する今のわたしの印象です。

仕事に対して努力家であった事は事実なのでしょう。。
でも人間的には、自分の視野の狭さにも気づかない程の自尊心の持ち主であり、自信過剰で自己顕示欲が強い尊大な人というイメージ。
看護という分野に至っては、慈愛の精神とか病人を思いやるという心持ちはほとんど見えず、自分の名誉欲を満たすために、この時代に女性が関われる事がこの業種だったとしか感じられません
人ではなく組織や国家を見て行動している。それが悪いわけでは無く、天使というイメージからはかなりかけ離れた人物像だというだけですが。

臨床に居たといっても実際に行っていたのは施設や Ns の管理であって、負傷兵や病気の兵士の看護に本人が当たっていたわけでも無いようですし。
不足物品の補充も、軍にそういう流通ルートを作るでもなく、自費(全て父親へのツケ)で調達していたり。
彼女の行動、生き方は別に非難されるものでもないけれど、それ程賞賛されるようなことでもない気がします。

戦後の国策としての嘘で自分を美化されたことに悩み苦しんだとしても、やりたい事への彼女の行動力を思えば、本気で事実を伝えたければ伝えられたはずと思ってしまいます。

彼女とは友達にはなれないな。自分を、自分の主張を解って欲しいと他人に求めるくせに、他人の考えを解ろうなんて端から思ってやしない自己中の見本みたいな人に感じるから。

春に読んだのにそのままにしちゃってました。今更推敲する気にもなれないのでそのまま載せちゃいます



 「ナイチンゲール 神話と真実」 ヒュー・スモール


趣味の本棚

物事、行動より形や頭から入るほうなもので、何かに嵌まるとついその関連本を集めてしまいます。気になるとそれに関する情報全部が欲しくなってしまうのです。
なのでわたしの本棚を見ると、趣味遍歴が見てとれちゃいます。


   バッチフラワー、アロマセラピー、フィトセラピー バッチ関連は他の棚の為入ってません


   Lace 大きな本は入らず

   
   Dolly

   
   石けん

   
   山風くん 殆ど本じゃ無いじゃんってのは置いといて、数点貸し出し中

そして最近は・・・
   

文房具というか、万年筆、今きてるのでしょうか!?意外にも色んな本が出ています。
う?ん、どんどん集まっちゃいそう。
あ?ぁ、また引越しの時、大変なんだろうなぁ・・・


カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。