スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずぼらさん御用達急須

             

やっと涼しくなってきて、お茶も急須で淹れる季節となりました。夏場は面倒臭くてついペットボトルを活用してしまうのですが、ホットはやはりその場で淹れたほうが美味しいですから。
でもね、何といってもずぼらなわたし。急須を洗うのって、結構面倒臭いんですよねぇ 濯いだだけじゃ茶漉し部分に茶葉が残ったりするし、茶漉しの向こうの注ぎ口内部の見えない届かない汚れも気になったりしちゃいます。でもかご型の茶漉しは、すり合わせがしっくりこなくなるので好きじゃありません。
でもね、イイのを見つけたんです!

     

これ、濯ぐ時邪魔になるもの、流れを遮るものが何も無いんです!

      

でも蓋をすると、お茶葉はちゃんとここで漉されます。おまけに内側に釉薬が塗ってあるので、ホント濯ぐだけで茶渋も残らず綺麗?なままでいてくれるんです。

綺麗な急須で淹れたお茶は美味しい 重宝してます


スポンサーサイト

秋に向けてのスキンケア考察

春頃、色々細々とやることが億劫になってしまって、お手軽なスキンケアを求めてたどり着いたのがこれ。

               グローバルビューティー

薬剤師さんで長い間化粧品会社で商品開発をしていたという方が、"誠実な自然派化粧品"を作りたいと、独立し自ら会社を興して完成させたものです。
化粧水とクリームだけなのに、保湿、美白、収れん、抗酸化作用があるんです。最近のわたしのお気に入りであるセラミドもちゃんと入っています。それでいて肌に悪い、若しくは肌に良い効果が期待できないものは入れないという徹底主義。お値段は安いとはいえないけれど、流行のブランド物超高級品に比べればかなりお手頃です。

付け心地もわたしの好きなタイプ。
化粧水はサラッとしていて、ベタついたり皮膜を作ったりせず吸収されてしっとりする感じ、クリームはコックリしていて、ベタつかずにもっちりする感じです。ツーステップでこのテクスチャーということで、かなりのお気に入りなので・・・

・・・したが、秋めいて湿度が減ってきて、ちょっと口の周りが乾燥してきた今日この頃。冬を乗り越えられる自信が無いかもしれません。でも、成分的にも開発者の心意気にも、惹かれる気持ちは変わらないんですよねぇ。
取り敢えずは、クリーム重ね付け+スクワランで様子をみて・・・駄目ならまた流浪の民かしら・・・


エリ・マスコット

               

うちの子マスコット第2弾のエリです シンタ同様 asami ちゃんの伝手で「工房F」 (←勝手に命名 )にお願いしていたものが届きました

               

エリはマルチーズ。享年18歳。
両親共血統書付きだったらしいのですが、エリ自身は耳と背中の色味が強かったために血統書の無い子でした。でも、その薄茶の毛色もエリぴょんにとっては可愛さ倍増のアイテム、チャームポイントの1つだったなぁ。

   
          エリぴょん ↑           ↑ ラックくん(スタンダードダックス)

好きなものはお肉と柿とお散歩とラックくん。嫌いなものはお留守番とお風呂とポロン(日本テリア)&ポロン婆。勝気な割には内弁慶。神経質でちょっぴり意地悪。寂しがりで寒がり。いっつもわたしの後を付いて回って、いっぱい一緒に遊んだなぁ。
エリぴょんがホント遊ぶ子だったから、シンタがほとんど遊ばない子なのが不思議でしょうがないんですよねぇ。一人っ子だからなのかオジサンだからなのか・・・

    
    
     生意気可愛い感じが出てる エリぴょんが大好きな緑とお花をパックに撮影してみました

今はパピーとラックと一緒に眠っているエリぴょん。
以前はよく実家に帰ると幽霊足音をたてていたけれど、最近は無いなぁ。でも、今でも夢では時々会いに来てくれます。そういう時って目が覚めても、実家に帰ればエリが居る気がしちゃいます。暫くすると、あぁそうだったって思い出すのですが・・・
エリぴょんのことを想うといつも思い出す詩があります。

 ころころコブタのエリでした
 お鼻を鳴らすエリでした
 すぐに覚えた午後三時
 おちょうだいする食いしん坊

はい、サトウハチロー氏のパクリです
どれだけ時が流れても、やっぱりエリぴょんはわたしの可愛い可愛い妹なんだなぁ。目を閉じるといつでもそこに、風の匂いを嗅いでいるエリが居ます





      甥っ子シンタの最新画像


怪物くんがいた日々

DVDボックスも4つ目となりました。
何故かアップしそびれていた最終回感想を、イイ機会だから載せとこうかな。

『最終話でした。王子、頑張ってたね。
今迄危機に陥ったこともなかったのだろうし、強いとか弱いとかを計ったことも無かったのだろうなぁ。帝王学も(一応)学んでただろうから、守られても自分の身を盾にして誰かを守るなんて考えたこともなかっただろうし。
結局魔王石よりホントの友達パワー、他人を思う気持ちのほうが強かったといういかにもなオチでしたが、苦悩する王子、戦う王子、そしていつものユルい無神経な王子を堪能させていただきました

お供と再会を喜んでハグしてる時の足パタパタとか、お供がヒロシとウタコにお別れしてる時のキョドってるとことか、相変わらず可愛いなぁ

潤じゅんはマジ美味しいとこ持って行きましたね。最後に1番アップになってるじゃん。それにしても彼はウインクが上手いな
王子も最近サマになってきてるけど、まだまだ勝てそうも無いかな』

             

改めてDVDボックスを見ることに。まずは SPECIAL DISC からです。
メイキングで楽しめたのは特殊メイクや特殊撮影の裏側の面白さも然ることながら、やっぱり本命は楽しそうな智くんがい?っぱい見れること。お供3人とヒロシだけでなく、パパも爺やも松兄もみんな雰囲気良くて、見てるだけで思わず笑みがこぼれちゃいます。キャンプ場ロケなんて、楽しみ過ぎだろってツッコミ入れたい位です。
でも、ここぞというところはちゃんとしっかり役作りをしているのが流石の智くん。
アクションや殺陣でも実力発揮していて、決めるところはちゃんと決めてくれるから惹かれちゃうんですよねぇ
ワイヤーアクションやバク転の現場を見れたことも嬉しかったな。普段から似たようなことはしてますが、やっぱりドラマは勝手が違うようです。それでも何でも楽しんでしまう智くんが格好イイ(映像的には猫背でがに股で脱力してますけどね

・・・本編は次の休みに見ることにします



 「怪物くん DVD-BOX」


ふたりのイーダ

可愛くてちょっぴり憎ったらしいイーダと、寂しくて悲しくて苦しい椅子ともう1人のイーダ。その交錯する時代と想いを謎とくミステリーであり、ファンタジーです。
椅子のストレートで単純な思考回路は可愛くもあり、それでいてその思いの強さはとてつもなく重苦しく不気味なのです。だから直樹は、椅子が軋む度にプレッシャーを感じてしまう。その為に素直に考えを椅子に伝えることが出来ず、椅子は悲愴な最期を迎えてしまいます。

直樹が夢見た未来が実現していればイイのに。そうしたら椅子の想いは実直なだけに、優しい包容力に満ちたものとなるのに。そして"しあわせな日が、もういちどくる"のに。
その情景を思い浮かべると、切なくて切なくて涙が溢れてきます。

この本を初めて読んでもらったのは小学生になった頃だったかな。結構大きくなるまで自分では読めなかった本。何故なら怖かったから。原爆の描写も椅子の醸し出す雰囲気も。でもとても好きな物語だったから、何度も読んでもらったなぁ。
本屋で目に入りどうしても読みたくなり手に取ってしまいました。実家に帰ればあることは解っているんですけどね



 「ふたりのイーダ」 松谷みよ子
 ↑それにしても怖すぎるこの表紙(と挿絵も)別の意味で子供1人じゃ読めないよ、これじゃ




追記(9/13):実家に帰ったので、ついでに古い本の挿絵を見直しました。倉石隆氏の(多分)銅版画。やっぱりこちらの方が断然好きだなぁ。


なんとなく奈良さんの描く女の子に似てる


甘色ブレス

               

相変わらず鉱石力に惹かれている Lihua です。
夏も過ぎてゆくので秋色のが欲しいなぁと思いショップへ。なのに何故かピンクと水色の甘々ブレスに目が行ってしまいました。甘色だけど茶色の紐が全体を締めてくれるので、ちょっと落ち着いた感じです。キラキラカット石も入っていたのでミルキークォーツに変えてもらい、より好みとなったところでお持ち帰りです。

このブレスなら青系といっしょにすれば夏っぽく、アンバーとか濃い色系といっしょに着ければ秋っぽくなりそうだから、フルシーズン使えるかな。
・・・秋色は、秋になったら探しに行きましょ



     
     ルチルクォーツ アクアマリン ローズクォーツ ミルキークォーツ (勝負運アップ、幸運へ導いてくれるらしい)


Lφve Rainbow

潤くん×嵐=王道ラブソング この方程式は崩れませんねぇ
夏で、眩しくて、切なくなるほど爽やかです

PV は"夏"だから青空海と入道雲かと思いきや、緑の中木漏れ日の下で歌ってる姿がすっごく合ってました。フッと何かを見上げる顔がイイ 全体的に抑えた色味が返って強い日差しの煌めきを感じたかなぁ。
メイキングでは、ケータイでは釣り情報、アンケートにはギョサンが好きと全くブレの無い彼に、マグロ頑張ってねとつい応援しちゃうのでした まぁ、潤くんのご機嫌を損ねない程度にね



 「Lφve Rainbow」
 ↑スマしたジャケットも良いけど、中の笑ってる5人が好き



執事な王子

ケータイを新調しました 考えてもいなかったのに、何故か突然新しいのが欲しい!!!って思っちゃったんです。発作的にショップに駆け込んだ割りには、全く迷わず"P"を選択。CM の威力って凄いのね、タッチパネルでデコれるやつに手が伸びたのです。今迄使っていたのも"P"なので、使い勝手もイイかもだしね。

       

5代目も色は黒、3/5 黒だなぁ。汚れやすいけど、落ち着くんだよねぇ。っていうか、白とピンクは選択肢に入らなかったので必然的にこの色しか無かったんですけどね。
しかし、このケータイ"P"だよねぇ 全っ然操作ボタン違うんですけど あ?、使いこなせない以前に使いにくいよぉ

取り敢えず気分をる為に待ち受け設定。そうそう、このケータイの待ち受けには管理人が居るんです (はい、au ではありません )せっかくなら王子に世話をやいて欲しいなぁということで、執事役を買ってでて戴きました。

       

普段は待ち受けの中をセッセと行き交い・・・

   

メールが来ると届けてくれます。

   

ありがとー王子。

そして肝心のタッチパネルですが、字も書けるしスタンプもいっぱいあるし、楽しいかも でも、とにかく操作がよく解らない・・・慣れるしかないのよねぇ。

     

とりあえずスケジュールの様なダイアリーのような物を作ってみました。うん、楽しめそう


Southern Wind

夏なのに何故か動き回っている Lihua です
今年はイベントが多い?
まぁその殆どは 会だけどね

先週は暑気払い2件。その内の1件は、この人とやらなきゃ誰とやる!?の gutti さんとでした
でも、わたし達も大人になったものです。2人飲みなのに、いかにも飲むぞってお店ではなくちょっと雰囲気の良いお店でなんて、初めてかも


 旨い魚とバリメシ 南風?Nanpu?

看板にあるとおりインドネシア料理のお店。中の雰囲気も南国です。

          

でも、結局飲むのは↓これ

          

お互い今年は怒涛の変革期。そろそろ新しい物事に順応する能力も下降気味かと思ったけれど、まだまだ変化を楽しめる位の余裕はあるものね。
gutti さんの新たな門出の頑張れ会のつもりが、わたしの愚痴を聞いてもらう会になってしまったけれど、残暑乗り切るパワーを戴きました

それにしても暑すぎて、脳みそトロケてメニューさえ真剣に見れなかったわ。おかげでアジアンなもの食べれたのか良く解りません カチャンルブス(茹でピーナッツ)とかアチャール(すっぱ辛い野菜の浅漬け)はギリギリそっち風かしら。
メニュー読める程度には頭働く時期に、も1回リベンジしましょ?



          今回も画像盗用です、テヘ
カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。