スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度差

昨日はやっと 届いた新型インフルエンザワクチンの予防接種をしました。驚くほど対応の遅い東京都、対象人数が他県より多いってことで仕方ないのかな。
うちのクリニックに配給(?)されたのは6人分。休むと代わりが居ない人優先ということで打って貰いましたが、打ったからには罹るな休むなってことなのでしょうねぇ。ちょっとプレッシャーです

今日は電車で運転免許の更新に行ってきました。ホームも車内も試験場もマスクをしている人は皆無。そんなものなのねと少し拍子抜けです。まぁ子供の姿は見かけ無い場所ばかりだったので大丈夫でしょう


 ピンクの方が新型ワクチンです


スポンサーサイト

白い紙 / サラム

表紙、中表紙共に綺麗で素敵な装丁の本です。

まず「白い紙」。イラン出身の女性が日本語で書いたこの物語は、なじみの無い単語が当然のようにストーリーの流れに浮かんでいます。そのせいでしょう、まるでファンタジーを読んでいるような感覚に陥り、それが悲しかったです。イスラム世界の政情や文化って理解できていない事があまりに多いと痛感させられます。
宗教、集団心理の強さ怖さも感じます。そして何より、「自分が描けるのはこの白い紙の半分だけだ」とつぶやく不自由な少年少女の想いが切なかったです。

「サラム」はもっと辛い・・・同系言語だからと通訳を頼まれ関わることになったアフガニスタン難民の少女。同じイスラム系民族といえども、国も違えば生まれ育った環境も違う。かといって自国にも存在する民族や信仰の違いによる争い。現在の生活は彼女とかけ離れたところにある自分、日本という中東諸国に対し無知な国にあって共感できる数少ない関係者でもある自分。傍観者になりきれない辛さが滲んできます。
本当にこの国は生温いのだなぁと痛感しました


 「白い紙 / サラム」 シリン・ネザマフィ


2人の裏切り者

コーヒー占い、当たっちゃいましたね。イヤイヤヨゲームでの2人はまさしくリーダーを裏切っ・・・

それにしても先週から忙しすぎます。毎日毎日山風の嵐、録画してもDVDが届いても、リアルタイムでも何かしら放送されているものですから見る時間がないくらいです。朝は朝でアッチムイテホイと対談の合間でシャワー浴びたり浴びれなかったり、遅刻率 up しちゃいそうで困ります
それでも何だかんだと言っても、毎日山風くん達を見れるのは嬉し楽しくって仕事も頑張ろうって気になるもの・・・かもです



 
仕事の合間に()大量生産 付録のメガネは青ってより青緑?どっちがより見易いのかなぁ


夢うつつ

普通に短編集として、平行してエッセイとして、更に実体験から妄想を経て物語りへ移行していく創作の裏側を見る面白さも味わえる一石三鳥本です。ただ現(うつつ)パート、エッセイは関西のおばちゃん丸出しで、ちょっと著者のイメージが変わりました・・・悪くなったわけではないですけれど
夢パート、物語はちょっと不思議な「世にも●妙な物語」風なものが多いです。
"綺麗"や"不思議"な自然現象、日常の中の非日常的な一瞬に、ハッとすることはあっても大して気に留めずに流してしまう自分。それを作品にまで発展させるあさの氏。これが凡人と創造することが出来る人との違いなのかなぁ。


 「夢うつつ」 あさのあつこ


パンデミック?

バイト先の内科クリニックが殺人的に忙しいということで、昨日はヘルプに行ってきました。
午前中だけのつもりでしたがそうもいかず・・・というのも、元よりお昼休みは無いでしょうから常勤の人達が交代でお昼を食べれる迄居ようと思っていたのですがその休憩さえ取れない状況で、限られた仕事しか出来ないわたしの周りを常勤さん達は走り回っていて・・・「上がってね」と言われても、とても申し訳無くて帰れません。次から次と(A+)が出る検査のリズムに妙なハイテンションになってしまったという要因もあったのかもしれませんが  ともかく夕方までお手伝いし、まだ最後が見えない状況でしたが先に上がらせて戴きました。連日がこの調子らしいので、内科や小児科クリニックのスタッフさん達の過労が心配です。

予定していた帰省が出来なくなった連絡を実家にしたところ、母や姉の周辺では全く流行っていないとのこと。でもこれは地域の差ではなく、年齢層の差なのかもしれません。子供との接点が少ない環境に居る母と姉には学校事情の情報は少ないと思うので。今年のインフルエンザは何故か、子供同士はうつるのに親にうつっている様子が少ないようで不思議です。バイト先の情報では学級、学年どころか学校閉鎖になっていたりもするようなので、やっぱりこれはパンデミックなのでしょうか。

そして今日は本業の方へ出勤。整形メインのウチの朝はのんびりで、事務のNくんと職場の相方さんが居たので3人で立ち話。「○○(←バイト先名)はすごいよ。50人以上調べてその殆どが A+ だった」と言った途端に2人が揃って2歩程飛び退きました。・・・わたしは病原菌じゃ無いやい ちゃんと良いマスクしていたし、全身洗ったし、衣服も替えてますよー!



         疲れた夜は癒しのお風呂

アマルフィ

同僚Kさんからお借りしました。
スピーディーな展開と、映画キャストへの当て書きと思われる人物描写で楽しく読めました。人道的で有能な公務員が孤軍奮闘、利権主義の有能無能な同僚達を振り回し振り回されながら走り回って事件を解決する、いかにも受けそうなストーリーです。
テレビ局の記念映画ということで海外ロケで派手なものを作りたいというコンセプトがある為、かなりエンターテイメント性が強いので、主題の社会問題がちょっと目立たないのが勿体無いかな。ってか、主題でも無いのかなぁ・・・サイコパスな猟奇的事件ネタを使い果たし、最近では思慮深い犯人像が流行っているのかしら?で、作った犯人像がこれという程度のことなのでしょうか。
後書きに映画と少し違うとありました。映画を見てきたKさんの開口一番「佐●●●が犯人なの」の一言に見る気を失ってしまったのですが やっぱり見たくなりました



 「アマルフィ」 新保裕一

8/10 の涙

「チケットをお取りすることができませんでした」・・・このアナウンスを何回聞いたことでしょう(当落アナウンスのシステムが解らず、無駄に何度も聞いてしまったってのもありますが)。名古屋は駄目でした 結局国立も入れれば友人知人併せて勝率2割でした。今ツアーが落選ばっかりだった分、次回のツアーでは当選確率上がるかもと自分を慰めている今日この頃です。

今日「ほぼ日手帳」が届きました。来年は大好きな紫色のカバーにしたのですが、本当にイイ色 今年は使いこなせなかったので、来年はもっと充実した手帳にしたいなぁ。ToDoリストとかを使いこなせると良いのだけれど、如何せん自己管理が下手だからなぁ。取り敢えずは休日だけでも時間枠にToDoを入れてみるってのを目標にしてみようかしら。ビジネスのスキルアップよりプライベートの充実重視なので
そしていっしょに届いた永久紙袋はウチワにぴったりサイズ。12月に活躍する予定です。
・・・なんか気持ちが上向きになってきたかな




贖罪

湊氏2冊目、こちらも職場の相方さんにお借りしました。帯の文句を見て、同種の内容なら続けて読むとこんがらがるかしらという不安もありましたが、我慢できずに読んじゃいました。結果内容は似て非なるものだったのでストーリーが混じる心配は無かったです。

子供達が中年女性に振り回されるってところは似ている気もしますが、全く被らない雰囲気なのは、ストーリーの中心となる人が前作と違って浅はかな人だからでしょうか。最後、振り回された内の2人がぼやく台詞にちょっと笑い、読み終わった瞬間は救われた気もするのですが、やっぱり後味悪いかなぁ。こっちの方が感情的である分怖さはないのですが。

前作での普通でない環境にないと発揮できない信頼関係や、善より悪からの転身をクローズアップする世間の風潮に物申したり、今回もモンスターペアレンツ等教師を取り巻く異常な環境を取り上げたり、湊氏は学校教育の現場やそこに関わる世間に思うところが多いのかなぁ


 「贖罪」 湊かなえ


告白

「こえぇ???!」

以前から湊氏の本に興味があり、職場の相方さんが買ったのを良いことに早速お借りした次第です。面白すぎて、読書スランプって何って感じで一気に読みきっちゃいました。その瞬間の感想が↑です。
わたしにとって読書って、特技でも勉強でもなんでもなくてただの趣味なんです。だから物語のある、物語の感じられる本が好き。そして物語には結末があり、ちゃんと理解できるものが好き。「思考の?」を読んで余計に落ちちゃっていた部分もあったのですが、わたしは知的活動の為に読んでるわけじゃないし、自身の読書法はこれでイイじゃんって開き直りました。

なんかね、読んでいるとその時々の一人称の人にそれぞれ共感したり納得したりなのですが、とにかくみんな結局自分勝手に自己の思いを美化してこじつけて満足している。でもね実際人ってそんなものだよね。どの人もそれ程悪い人でも嫌な人でも無いのに、何かが、ほんの些細なことがきっかけで全てが負に転じる、そんな怖さ。そして、想いにブレの無い人の決意がいかに重いか、真面目で芯が強く実行力があるからこその救いようの無さ、それがホント怖いです。

悪意が無いことは悪くないことではないし、莫迦なことは時として罪深いって感じでしょうか


 「告白」 湊かなえ


カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。