スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマセラピー



石鹸を作り始める以前から、エッセンシャルオイルは時々使っていました。持っているエッセンシャルオイルは「プラナロム」のもの。ケモタイプがイイかなぁと思っていることとラベルの雰囲気が好きなことが理由です。
一時期は本気で勉強しようかと思う程興味がありました。脳に直接働きかけができる薬というのはなかなか無いそうです。それなのに香りは物質でもあり、アロマセラピーは香りを嗅ぐ事で気持ちに作用するというだけでなく、香りの物質が嗅覚神経を刺激して大脳の記憶や感情にかかわる部分に直接作用できるということを聞き惹かれたのです。でも如何せん種類が多すぎて・・・使いこなせる以前に覚えられません。
結局、考えてみれば自分に合ったもの、使いたいものはかぎられているので、それさえ解ればイイかなぁと妥協してしまい、今ではリラックスしたい時はオレンジ系やラベンダー等、風邪予防や鼻炎の症状緩和にはユーカリ、ティーツリー、ペパーミントをミックス(この香りはすごく好き)、頭痛の緩和にはウィンターグリーンという位の簡単アロマセラピーだけを続けています。
スポンサーサイト

驚異のコンディショナー



わたしはもともと太くて硬くて乾燥が強い、かなり扱い難い髪質です。ですからシャンプーを普通に使っていた時でも毎日、トリートメントやコンディショナーをしても乾かす前に保湿やボリュームダウン系のスタイリング材を使っていました。
ですから石鹸洗髪で洗い上がった髪が固くバサついた仕上がりなのは、シャンプーを使っていた時とそれ程変わりありません。問題は保湿に何を使うかです。せっかくシンプルな石鹸を使っているのだから、界面活性剤や保存量、香料、着色料等わけのわからない化学物質が入っている物は使いたく無いなぁと思ったのです。

まずは石鹸洗髪の友、リン酢。わたしはクエン酸よりお酢の方が髪が柔らかくなるような気がします。ハーブ等を漬け込まなくても臭いの気にならない、コスト的にもリーズナブルなリンゴ酢をお風呂に常備し、洗面器のお湯で薄めて使っています。そしてスクワランオイルを手のひらで化粧水と混ぜ合わせた物を毛先に付けてから髪を乾かすと、まぁなんとなく落ち着いているという状態でした。
とは言ってもやっぱり、髪の柔らかさは何が入っているのか解らないコンディショナーを使っていた時程にはなりません。

無添加ではこれが限界かなぁと納得していたのですが・・・見つけてしまいました!一部サイトでは話題沸騰(?)の安心成分のコンディショナー、その名も「GPB」!これがすごいんです。付けた途端に髪が柔らかくなり、乾かした後も柔らかさは残ります。さすが石鹸洗髪の救世主と言われるだけのことはあります。少量でちゃんと効果がでるのでコスト的にもさほど痛くはないかなぁ・・・知ってしまったからにはもうこれ無しではいられない予感です。

もうひとつの理由



石鹸生活を始めた理由は、以前も書いたように雰囲気と面白さからでした。でも、色々な石鹸サイトの情報を見ていると皮膚炎や肌荒れにも良いと書かれている事が多く、その点への期待もあったように思います。
かなりな乾燥肌のわたしは、衣服と擦れる部分に掻痒感や皮膚炎があったり、仕事柄よく手を洗う為に主婦湿疹のような症状に加え乾燥によるアカギレ、掻いた事による傷で常時手荒れがありました。
それが去年の冬前から石鹸生活を始めたところ、症状が一番強くなる冬もほとんど手荒れの無い状態で過ごせたのです。それに加え今年の春の花粉症の症状も楽だったように思います。常用している抗アレルギー薬も少ない量で過ごせています。
10月で石鹸生活一周年、そしてうちの職場の健診の月でもあります。なんか今年はIgEが下がっていそうな気がするなぁ・・・と期待しちゃってるわたしなのでした。

食器洗い



これもラッキーが続きました。
近くのドラッグストアにあった食器洗い用の石鹸は一種類しか無く、これが重曹入り粉石鹸だったのです。これは重曹が入っている事で滑り難く、研磨剤がわりにもなり、また重曹が入っているのに割り合いの妙なのか原料のオイルとの相性が良いからなのかよく泡立ちます。
ただ、使い始めてしばらくするとシンクが曇ってきて、やっぱりシンクはたまには洗剤で洗うしか無いかなぁと悩んだのですが、結局さらに粉石鹸を使い続けていたら曇りもなくなりました。洗剤からの移行時に一時的に起る現象だったようです。悩んでいるときに職場のおばさま方から勧められた肌にやさしい植物性洗剤ってのを使ってみましたが、やっぱり石鹸に比べるとかなり肌が乾燥します。原料がどうのこうのよりも石鹸であるって事が大事なのかも。石鹸は薄まると海面活性作用がなくなるから、それが肌にやさしいんでしょうね。

お洗濯



今になって思い返してみると、石鹸生活を困難無く始められたのにはいくつかの幸運があったからだと思っています。
そのひとつが洗濯機。もともとわたしは二層式(!)を使っていたんですね。あとで知ったことですが、ニ層式は攪拌力が強く石鹸洗濯にとても適しているのだそうです。それから洗濯機は綺麗な方が少ない石鹸量で良く泡立ちます。その点でもニ層式は掃除がしやすくて便利です。

もうひとつが石鹸。良い洗濯石鹸は無いかと探していたところ、丁度生活クラブという生協が、人数が集まれば翌月からわたしの住んでいる地区の配達を始める事になったのです。ここで取り扱っている洗濯用粉石鹸某サイトで溶けやすく泡立ちやすく洗浄力も結構良いと評価されていたのでさっそく入会し、この石鹸で洗濯を始めました。最近になってお試しサイズの洗濯石鹸を何種類か使う機会があり思ったのですが、使いやすい石鹸に一番最初に出会えた事が、困難が少なくヤにならなかった一番の理由かもしれません。

このふたつのおかげでネットの情報を見て不安に思っていた、石鹸が溶け難い、しっかり泡立てないとちゃんと洗えない、石鹸カスが衣服に付く、洗い上がりが油臭い等という困難もほとんど感じる事無く石鹸洗濯が続けられています。

最近は梅雨の湿気による匂い対策に、最後の濯ぎ時にティーツリーオイルやラベンダーオイルを2?3滴落としたりしています。好きな香りに囲まれて、これも楽しさに繋がります。
石鹸洗濯だとタオルもゴワついたりしないので柔軟剤は全く必要ないということもイイですね。

石鹸生活のはじまり



石鹸生活は、関連サイトに多く書かれているような困難はほとんど感じる事も無く始まりました。

まずは洗面所での手洗いとお風呂での体洗い。これは何の問題も無くクリアです。そのまま同じ石鹸で洗髪もしてみました。これも濯ぎあがりがキシんで指通りが悪いものの、クエン酸を洗面器のお湯に溶かしたリンスをすることですぐに解消。洗い勝手が悪いどころか、さっぱり感好きのわたしとしては爽やかで気持ちイイ!
気を良くして洗濯にもチャレンジ。水温の低い真冬に始めたのですが、低水位で攪拌して粉石鹸を溶かす時にケトル一杯のお湯を入れる事で溶け残りも無く、3回目位で粉石鹸と洗濯物の量の目星もつき、困るような事はほとんどなくクリアです。
それじゃぁと台所にも近所のドラッグストアにあった食器洗い用の石鹸を導入したところ、泡立ちは良く滑り易いわけでもなく、おまけにスプーンやフォークが今迄に無くピカピカになっていきます。これまた困るような事はなくクリアしちゃいました。

流行りに乗るような感覚で、見た目と雰囲気の良さと手作りと言う面白さから始めた石鹸生活も、もうすぐ1周年になります。面倒くさがりで手間のかかる事は続けられないわたしなので、最初から無理だったら合成洗剤に戻せばイイやと軽いノリで始めたのですが、辞める理由が何も無く、今も石鹸生活を続けているのでした。

石鹸いろいろ



わたしが使っている石鹸はほとんどがマルセイユ石鹸かそれに近いものです。

理由の一つは使いやすさ。オリーブオイル100パーセントの石鹸は溶けやすく、グリセリンやスクワラン成分でしょうか、鼻水の様なドゥルッっとした粘液状の物体に覆われてしまいやすく使いにくいのです。その点、オリーブオイルにココナッツオイルとパームオイルが適度に混ざったマルセイユ石鹸は溶けにくく使いやすいです。

もう一つの理由はコスト。高級なオイルを色々ブレンドすると結構高額になり、下手をすると10個分作るのに軽く5千円とか越えてしまいます。その点マルセイユなら10個分で1500円もしない位です。値段にこれ程差があっても、繊細では無いわたしの感覚では質の差はそれ程解りません。マルセイユでもよく泡立つし肌にやさしいと思うのでこれで充分なのです。

とは言っても、色々なオイルや色々なオプションの入っているカラフルな石鹸には、ついつい惹かれてしまいます。最近気になっているのはククイナッツオイルやヘンプオイル。オプションではクロレラかな。こういう時はプチ贅沢を自分に許す感じでネットショップで買っています。
基本自分で作るのはシンプル。気になったのは一個単位でネットで買って楽しむ、それが今のわたしのスタイルです。

きっかけは・・・



友人まろさんの同僚の方が手作り石鹸を作っていて、その方に感化(?)されたまろさんが参考にしていた前田京子さんの「お風呂の愉しみ」という本を借りたのが事の始まりです。といっても、最初はただ「自分で作れるんだぁ、面白そう」「ロハスっぽくって素敵だなぁ」程度の興味を持っただけで、自分の不精さを熟知している事もあり面倒な事は無理無理と、実生活に取り入れる気はあまりなかったのです。それが、実際まろさんが石鹸を作っている過程を見ていたら急にスイッチが入ってしまって・・・(^_^;

まずは使い心地を試したいと思い、ネットの手作り石鹸屋さんからいくつか購入しました。ネットショップを巡っていると、色とりどり、使い心地や香りが違う石鹸が無限にあって探すのも使うのもとても楽しくなってしまいます。
そしていよいよ自作です。初めて作った石鹸は「最高に贅沢な石鹸」で、去年(06年)の10月の事です。とても使い心地の良い石鹸が出来た事に気を良くして、石鹸生活にはまってしまったのでした。
カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。