スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Norwegian wood

全く興味が無かったのに、テレビの宣伝番組とかを見ていたら何故か急にすごく見たくなった映画です。

予備知識は、題名はビートルズの歌、でもこれは意訳というか違訳で、本当は森ではなくノルウェイ産の木というか、ノルウェイ産の木で出来た家具ということらしいということくらい。

雰囲気のある綺麗な映画でした。ウエストラインが高い位置でみんな in していてもファッショナブルに見えました。時々途切れたり挿入されたりする場面場面も情緒的でした。そしてセリフが良かったです。不思議と殆どの人物に共感できる部分がありました。好きか嫌いかは別としてですが。

友人とその彼女と主人公。寮の先輩とその彼女と主人公。主人公と友人の彼女と大学の同級生。主人公と友人の彼女とその同室者。

3人単位が多いこの映画は、3人を不自然の象徴にしているように見えました。

3人だと真意が解り難くなる気がします。より仲の良い2人に、嫉妬という程ではなくても多少の疎外感を持つだろう1人。仲良しの内の片割れが居なくなると、愛情なのか以前の疎外感を穴埋めする為なのか判断のつかないまま必要以上に残った1人に執着してしまいそうな気がします。

友人の彼女は、ずっと友人を追いかけて行きたかったんだろうなぁ。でもなかなか出来なかった。恐怖心からか、ただ単に思い切りが付かなかったのか。でも追いかけて行けないなら、その理由を作らなくてはならなかった。でも生きる理由なんてなかなか見つけられるものじゃないよね。その答えを主人公に求めたのか、利用したのか・・・でも、結局自分の中での辻褄合わせは上手く行かなかったんだね、きっと。最後は友人を追いかけていけた彼女に、悲しさより納得を感じました。

同級生の娘は強がり。こういう自分でありたいという強い願望があって、その通りに行動する。それが楽とか大変とかは関係なくて、理想どおりでない自分は唯ありえないという感じ。ということは、ホントは現実逃避型なのかも。こういう娘の方が実際は弱いのかも。誰かの助けを必要としているのかも。自分に、なりたい自分を投影してくれる誰か。だから主人公を本当に必要としているのはこの娘の方だという気がしました。

でもエンディングを見て、ハッピーエンドなのかどうか一瞬悩んじゃいました。同級生の娘の視線が第三者を見ている気がしたから。でもその3人目は現れなかったから、とりあえずはまるく収まったんだよね。

なんかね、雨のシーンが多くて印象的だったので、最初は「雨の庭」という題名で書き始められたとを知り、すごく納得しちゃいました。こちらの方が合う気がするなぁ。


スポンサーサイト

十三人の刺客

覚悟して観に行ったのですが、思っていた以上に血生臭かったです。ちょっと気持ち悪くなってしまったくらい でもね、141分という長さを感じさせないストーリー展開で、最後の落合宿での息も付かせぬ死闘はいかにも大作、流石は三池監督って感じでした。

とにかく俳優陣が豪華でした。若手は若手らしく、井原さんは渋くエロ男爵はクールに、松方さんの殺陣は流石ですし、古田さんも何故か不思議なことにちゃんと格好イイし、伊勢谷さんは???!ってくらい(どちらかというとジェントルマンのイメージでしたので)野人でしたし、役所さんと市村さんの存在感は他を圧倒していますし、山田くんも味のある役者さんになってきましたねって感じです。そして何といっても吾郎ちゃん。いわゆるキーマンですよね。それをちゃんとこなしている。役者さんとして。
これだけの人達が集まって、誰一人霞まないことが凄いと思いました。

ストーリー的には、元々の仲間でも無い人達が集まり大事を企てるという割には、すんなり事がすすんでいく感じです。その事に違和感や物足りなさを感じないのは、この人達だからこそなのでしょうね。役所さんの器の大きさ、集まった12人は精鋭、そう感じられるから納得できるのかなぁ。

彼女に「いつ帰ってくるの?」と聞かれて「すぐ帰る。・・・すぐ帰れなければお盆に帰ってくる」ってところの潔さと切なさがが募る場面がすごく印象的でした。

あと、女性達の化粧が史実に忠実なもので・・・怖かったです


プリンが食べたい

                    

"とろける"とか"なめらか"という売り文句が多い気がする昨今のプリン業界。でも、わたしはネッチリと濃?いのが大好きです。そんなプリンがどう仕様も無く食べたい気分の今。

「ちょんまげぷりん」を見てきました。
この題名に最初ちょっと退きました。お侍でタイムスリップでパティシエって内容を知り、ふざけたストーリーなのかと興味を失いました。でもね、テレビの番宣を見たら、優しそうで楽しそうで、それでいてちょっと切ない雰囲気が気になってしまって・・・
結果、ストーリーは荒唐無稽そうでいて、実は現代社会のリアルをちゃんと映し出しています。1人時代劇の亮くんが全然浮いていないんです。面白いけど全然ふざけてませんでした。

配役が良かったなぁ。
真面目で無口で無骨で、でも大切なものが何かをちゃんと感じることが出来る柔軟性も持っている錦戸くん。
安定感があり強くしなやか、でも可愛らしいともさかさん。
お茶目で頑張りやの福くん。
まるで当て書きのようなシンクロ感です。

最近はホント邦画の方が性に会う感じです。
切ないけれどほっこりしました



 「ちょんまげぷりん」「ちょんまげぷりん 2」 荒木源
 続編があるんだ!読も!!(おまけに表紙は上條さん



リアル王子様

怪物ランドのではなく、元祖(!?)王子様に会いにへ行ってきました。4年ぶり3回目の「SHOCK」です。
去年何故か知人が2人も(光一くんに興味が無いのに、各々の友人からチケットが回ってきて)観に行き、異口同音「すごくダンスの上手い人がいた。主役の人じゃなくて」とのたまったので、俄然興味が湧いていたんです。今年は去年と同じキャストとのこと。見に行きたいなぁと思っていたら"元"光一くん担当のMちゃんが「チケット取れたから行く?」と誘ってくれて、急遽行ける事となりました。

夕べ、去年観てきた1人である asami ちゃんからのメールに「明日は屋良くんぢゃないですか!」とあり、つい「はいっ、行ってきま?す」と返事をしたのですが・・・「いや、違います!光一くんですよぉ?!!」

いざ開演、光一くんはフライングから舞台へ着地し登場です。マントを翻し宙を舞う彼は本当に王子様然として輝いています
一幕では階段落ち前の長い立ち回りが圧巻でした。うん、屋良くん目立ってますね。他のJr.に囲まれても小さいのに、動きが機敏で跳躍力があるから目を惹くのでしょうね。
真剣流血の光一くんは怖くて綺麗でした。血まみれなのに美しいって、やっぱ彼だからこそかなぁ。
二幕は幽霊光一くんの挑発でダンス対決から始まります。やっぱり屋良くん目立つなぁ。キレキレで、しかも魅せるダンスなんだよね。そして怒涛のパーカッションメドレーが又また圧巻で、光一くんの色んなパターンのフライングで幕を閉じます。

植草さんが入ったことが舞台全体にとても良い影響を与えている気がしました。上手く言い表せないのですが、カンパニーに深みが出たというか・・・でもね、彼、実年齢も役的にもおじさんなのに、歌いだすと誰より若い声っていうかアイドル声なのが可笑しいです。町田くんはやっぱり可愛いな。役でも腰痛持ちなのかしら あぁ、大町で舞台とかやらないかな、見てみたいなぁ 米花くんはアクロバットが凄かったです。
そして屋良くんは確かにかなり際立っていました。でもね、確信したことは、やっぱりわたしは王子様が好き ってことです



         "舞台の"彼はやっぱり王子様


人間失格

斗真くん目当ての映画を見てきました。

太宰とは掠りもしない人生だったもので、ストーリーもちゃんとは知りませんでした。それでもなんとなく持っていたイメージは暗くて悲観的で自己憐憫的という感じ。ですから端から共感や感情移入は無いと思って見に行ったのですが、う?ん、思っていた以上に理解し難い物語でした。とにかく女性陣に現実味を感じず、斗真くんの思考の流れも理解できず・・・そう、斗真くんの居るパラレルワールドが移行していくファンタジーみたいな感覚かな。女性達はそれぞれ自分の世界を形作っていて、そこにはそれぞれの斗真くんが居る。だから最初から最後までの斗真くんに流れが無いの、成長とか変化とか。っていうか、斗真くんの女性達に対する感情ってものが無かったのかな。

男性達の間には感情を感じました。剛くんに憧れる斗真くん、斗真くんに惹かれてしまう伊勢谷さん。かわいそうな伊勢谷さんは自分に無いものを、欲しているものを全て持っている斗真くんを破滅へ追い込むことで、自分の恋心(?)を否定し自分の才能を肯定しようと足掻いています。別れの際の斗真くんの笑いは自嘲では無く、そんな伊勢谷さんの想いに気づいた笑いだったのかなぁ。

映像的には石原さんの最初のカットの魔性っぽい眼つきと、雪の中で喀血してる斗真くんが良かったな。あと、思いの外剛くんの存在感が強くて、映画映えする人なのかなぁって感じました。

全体的にはホント消化不良で余りに理解できなかったので、逆に本を読んでみたくなりました・・・今なら表紙がイイしね

         10冊共欲しいけど絶対読まない自信があっちゃうから悩むな

エンディングの音楽がかかっている間中、どこかのおっちゃんの低い囁き声が聞こえました。連れに映画の感想を語っている様です。おっちゃんが居るってことに驚きましたが、考えてみれば太宰ファンが居てもおかしくない訳で・・・そういう人の感想に興味があったのですが、聞き取れなくて残念。明るくなって確認してみるとおっちゃんは70代位の夫婦でした。他にも50代位の女性2人連れがいたり、若い女性は1人で来ている人が多いみたいでした。どっちのファンなんだろ?


カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。