スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な羅針盤

梨木さんの物事の捉え方、思考の展開の仕方が好きです。

日常のほんのちょっとした出来事を題材にしているのですが、ときどき掠めるくらいではありますがわたしの生活にもシンクロする内容があります。そんなところを見つけてはほくそ笑んでしまう、そういう楽しさがありました。

わたしが梨木さんを追いかける羅針盤になってくれる本です。



不思議な羅針盤不思議な羅針盤
梨木 香歩

商品詳細を見る



スポンサーサイト

ピスタチオ

主人公の、霊的なものを完全に信じているわけではないが、あればこの世界が豊かに感じられるという思いに共感しました。でも彼女のように感覚を閉ざすことなく、起こった出来事をあるがままに受け入れることは、わたしには出来ません。何故なら怖いから。慣れ親しんでいない存在、よく理解できない物事には恐怖を感じます。

梨木さんの描く精神性は好きです。嫌味が無く落ち着きがあります。
大好きな「からくりからくさ」と同じ世界観の物語だと思いました。


ピスタチオピスタチオ
梨木 香歩

商品詳細を見る



一〇〇前の女の子

100年前に生まれた、著者の母であるテイの少女時代が綴られています。
辛い事もいっぱいありますが、テイの生活は豊かです。豪華で物に満たされているということでは無く。
人との繋がり、季節の移ろい、四季折々の催し事が瑞々しく描かれています。実際には大変な生活だと思いますが、何故か郷愁にも似た感情が湧いてきます。時代も場所も全く関係ないわたしなのですが・・・

それにしても教育って大切だと思いました。お勉強も勿論ですが、感情感覚も育てられることで育っていくのだと思います。成長したテイが自分で切り開いた世界は、子供の頃に雑誌で見て憧れた世界だったのかな。そこへ入っていけたのは、テイの精神が自立し豊かだったから。そうなれたのは、ヤスおばあさんがそう育ててくれたから。
ヤスおばあさんの教えは、今の時代にはそぐわない事も多いと思います。でもそんな今の感覚が、逆に貧しい気がしてしまいました。



一〇〇年前の女の子一〇〇年前の女の子
船曳 由美

商品詳細を見る



KAGEROU

まろさんがお借りしている本を、電車の中でちょっと読ませて戴きました。

うん、面白かったです。
若くてカッコイイ俳優さんが小説家に転身しての第一作っていうと、勝手な想像ですが純文学という名のフワッとした抽象的な恋愛物かと思っていたのです。そのイメージはイイ意味で裏切られたって感じです。

テーマも小道具も面白かったし、良く考えられてると思いました。
ただ展開が速くて、想像の思考が浮遊する間もなく先へ急かされる感があったかな。なんとなく文章がショートショートの雰囲気を持っているというか。もっと情緒的なところは余韻を持たせてもイイんじゃないかな。でもそう感じてしまったのは、わたしが急いで流し読みをしたせいかもしれないなぁ。

あとからじっくり考えるといろいろ疑問や荒い部分も見えてきてしまうのですが、既に映像化が決定していると聞き、あぁそれが合っているって思いました。蝋燭の明かりの中で機械仕掛けのおじさんのゼンマイを巻く少女。うん、見てみたいです。

読み終わったとき隣にまろさんが居てくれたから、よく解らなかったところを聞けて良かったです。映像化プランも話せたし。
主人公は本木●弘、少女は福田麻●子なんてどうかしら。
・・・渡●篤郎と川●海荷もありかな



 「KAGEROU」 齋藤智裕


百万の手

先日千早さんが帰った後に、ポツンと取り残されていた本です。忘れたの?置いていってくれたの?

畠中さんの現代物を初めて読みました。
最初は何だかどんより重い感じがしてどうかなぁって思ったのですが、やっぱり面白かったです。前半は夏樹と正哉の、後半は夏樹と東のコンビ感が良かったです。

でもね、なんかちょっと、お話し広げすぎて盛り込みすぎた割りに投げっぱなしになっている感があって、収まりがイマイチかなぁ。
正哉一家って何で殺されたんだっけ?彼も妹もクローンとは関係無いんだよねぇ???
妹は引っ越したら物語から全く消えてしまったし。
でも、東のキャラ的魅力と存在感でカバーしているかな。

・・・つまりは続編が待たれる物語って感じです



 「百万の手」 畠中恵


カテゴリ
リンク
ジャニーズ最新情報
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
QRコード
QR
検索フォーム
プロフィール

茉莉

Author:茉莉
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。